一般用と医療用

何らかの理由によって脱毛や薄毛になってしまった場合にはかつらを利用することがあります。ただ単にかつらで一括りにするのではなく、かつらといっても一般のおしゃれ用と医療用の2種類があることをご存知でしょうか。実際に両者には大きな違いが見られ、それぞれに向いている方も異なっているものなのです。そのため自分に合ったタイプを見極め、選択をしていくことが大切になります。

一般におしゃれ用は見た目を重視し、おしゃれ感を出しているものになります。それに対して医療用になると使い心地の点で大きくおしゃれ用とは異なっています。医療用のかつらは平成27年にJIS規格によって定義づけされました。

医療用のかつらは、抗がん剤治療の副作用、円形の脱毛症、外傷といった理由によって脱毛を起こした頭部を覆うかつらの総称として呼ばれるようになったのです。頭部をカバーする目的である医療用のかつらには、おしゃれ用の一般のかつらは適していないことがわかるのではないでしょうか。

実際にがんの治療などを行うと脱毛になることがあります。そういった場合、患者さんの悩みを解消すべく医療用のかつらが活躍します。ただ最近の医療用のかつらも変化をしてきており、一般のかつらのように、おしゃれ感を出した素敵なアイテムも登場するようになってきました。

そのため見た目も重視したいという患者さんの要望に応える商品が登場するようになったということができます。治療中は気分が下降しがちですが、そんな時こそおしゃれな医療用かつらを身に着けることで以前のような状態に近づけていくことができます。